の最近のブログ記事

雛祭

|

hinaninngyo20110304012.gif 

 慌しく過ごしていたら、いただきものを発掘。

 ガラスのお雛様。

 

 そういえば、ここ数年、お雛様を飾ってあげなかった。来年は飾らないと、お雛様にも亡き父にも申し訳ないと反省。

萌黄

|

fukinotou20110303004.gif 

 すべての発表を終え、次女の進路が決まった。

 行かれる所ではなく、行きたいところに落ち着いて、ようやく春の到来。小庭の片隅、陽だまりに、萌黄色のふきのとうが芽吹いていた。三寒四温を繰り返し、泣き笑いを繰り返し、我が家にもようやく春。2年続いた長女の受験、続いて次女の受験。3年連続の受験から、こちらも解放させてもらえた。もしかしたら、子供たちより安堵しているのかもしれない。

足跡

|

ashiato20110208004.gif 構い方が足りないのか、何かしらの不満を自らの足を舐めることで気持ちを切り替えている様子の我が家の同居犬。

 掃除をした床に、自らの印を押したような挙行に、腹が立つやら、おかしいやら。その見事な足跡に天晴れ。

 次女の受験の真っ只中。泣き笑いの日々は、道程のひとこまとは思いつつ、励まし、宥めてはみたものの、ここは自身の力で乗り越えてもらわないと。そうして、目標が達成されたとき、歩いてきた足跡がくっきりと残るに違いない。

飾り

| | コメント(1)

okazari20110101021.gif  例年ならば、玄関のお飾りはシンプルなものを用意していたのだけれど、不景気の風を吹き払おうと、今年は趣向を変えて、俵やら、祝い鯛やら、七福神の弁財天と恵比寿さまやら、獅子舞に岡目、商売繁盛と開運招福の御札やらに、交通安全守りに大入り袋と盛りだくさんに。欲張りすぎの感も歪めないけれど、まぁ、これもひとえに主の、祈りにも似た願いの表れと。飾り海老がないのは、長生きよりもまずは今現在、今年の一年をという思いを凝縮しているのかもしれない。

 いつだったか立ち読みをしていた自己啓発本の一説に「不確かな不安より不確かな自信を持て」とあったのを思い出した。祈って願って拝み倒して、前に進むしかない。切なる願いは、これがただの「お飾り」にならないように。

迎春

| | コメント(52)

newyear20110101024.gif 

 新しい年を迎えて。

 卯年らしく、少しばかり跳ねるくらいの飛躍となれればと、珍しく思ったり。

 おみくじの結果は、中吉。「自分の立場に固執せず、周りのことも考えて行動すれば、明るい展望が開けます」とのこと。

 

 今年もよろしくお願いいたします。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはです。

次のカテゴリはです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2011年3月: 月別アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.12