の最近のブログ記事

雛祭

|

hinaninngyo20110304012.gif 

 慌しく過ごしていたら、いただきものを発掘。

 ガラスのお雛様。

 

 そういえば、ここ数年、お雛様を飾ってあげなかった。来年は飾らないと、お雛様にも亡き父にも申し訳ないと反省。

淡紅

|

sweetpie20110303010.gif 3年前の次女の入学式は、豪雨に見舞われ、4月とは思えないほどの寒さも加わっていた。あれから、紆余曲折を経て、ようやく卒業式を迎えた今日は、寒波の影響で一段と冷え込み、小雨までもがぱらつく。始まりが雨だったのだから、終わりもまた雨の予想通りに。

 卒業証書授与はクラスの代表者ひとりずつに渡され、各人は名前を呼ばれ、その場に起立するというのがこの頃の傾向。ひとりずつ、長い時間をかけて手渡される型がよいか、代表者だけの時間短縮型がよいのかはわからない。個人的には、授与が主である式典なのだから時間をかけてもよいのでは。その分、お偉いさんのお話を時間短縮していただきたいようなきがしないでもない。寒さのこちら側で、淡いスウィートピーが愛らしく。

熟成

|

birthday20110131035.gif ようやく二十歳を迎えた長女。これで正式に成人の仲間入り。昨日と今日とにどれほどの違いがあろうかと問われたら、自身の心に聞くようにと答える用意をしていたいたが、彼女に問われることも無く。

 定番のバースデーケーキはもとより、この日には特別のものを開ける日でもあった。長女が生まれた年に漬けた梅酒の解禁。二十歳になったら開けようと20年前に唐突に思い決めて、ようやくこちらも二十歳。琥珀色のそれは、円やかで、あっさり。しかして、20年分の記憶を蘇らせる熟成の味がした。

成人

|

Adult'sDay2011012034.gif 成人の日が1月第2月曜日になって6年ほどになろうか。未だに馴染めないまま、この日を迎えた。

 初めて子を持った日から20年が経ち、誕生日前の長女は19歳のまま、式典に出席した。式典自体は、お話のみで、これと言った記念品らしきものもなく、言わば同窓会のようなものだったらしい。

 遠い昔、自分がこの日を迎えたときには大した感慨も無く、式典にも出席せず、友人と遊んでいた。帰宅すると、家では祝宴の準備がすでに終わろうかというところだった。俄かに襲ってきた申し訳なさと自戒と恥じらいとで、親への感謝はすぐには言葉にできなかった。子を持ってようやく親心を知る。今は無き両親に、今更ながらの反省と感謝。